カテゴリ:未分類( 99 )

スペイン生活日記-スマートなフラメンコ

ビセンテ・アミーゴがこんな小さい町にも来てくれるというので、コンサートに行ってきた。
フラメンコギターなのだが、ちょっとジャズがまざったような感じ。
日本でもCD売ってるぐらいなので、前日にチケット買ったから絶対後ろの席だろうと思っていたら、前から2列めのちょっと真ん中からずれた所。だからあまり人がいないのかと思ったら不思議なことに満員だった。
コンサートが始まり、ビセンテがギターを弾いている。スペイン人でもこんな人がいるのか、という程、繊細な感じ。スマートで情熱的。うっとりした。なんだかバラの香りまで漂ってきたような..(実際、バラがどんな匂いかよく知らないけど)
今回、歌い手やドラムなども入れて7人で、皆の手拍子(手拍子っていうと変な感じだけど、フラメンコのパルマというやつ)や足拍子、全部の音が絶妙ですごく楽しめた。
アンダルシアにいてよかった-
[PR]
by robatti | 2006-08-29 20:40

スペイン生活日記-ダイエット

友人旦那はダイエット中。パン、ご飯、じゃがいもなどの炭水化物抜きダイエット。
レストランで昼ご飯。サラダ。目玉焼きとソ-セ-ジ、肉のビフテキを食べ、まだお腹がすいているので、メニュ-を見てサ-ロインステ-キにするか、イチゴにするか考えた挙句サ-ロイン。
こんなんで4キロ痩せれたなんて驚異。おそるべし、炭水化物ダイエット。
[PR]
by robatti | 2006-08-18 20:36

スペイン生活日記-誕生日

義母と義弟の誕生日だった。二人とも同じ日。
いちごヨーグルトチーズケーキを作って持っていったが、義母と義弟の友達やらで足りなかった。
スペインでは年をとっても誕生日を皆で祝う。25、6の青年の誕生日を家で家族と、友達も呼んで歌を歌って、ケ-キを食べるというのはほのぼのする。
[PR]
by robatti | 2006-08-11 21:51

スペイン生活日記-携帯2

携帯からパソコンにメ-ルを送ってみた。届いた。が、「名無し」で届いた。
なぜだあ-普通なにもしなくてもアドレス出るでしょう。
しかもパソコンから携帯に送るのは登録が必要と言っていたので、登録しようと思ったら、エラ-。
かなり激怒。
[PR]
by robatti | 2006-08-11 21:37

スペイン生活日記-携帯

電話が壊れているので、携帯を買った。
私がバルセロナにいたころ、およそ8年前の携帯はテレビのリモコンのようにバカデカくて中にそのままテレフォンカ-ドをポコっとはめ込む式だった。しかし、今のはかなり小さくなってて最新ぽいのに、カメラなしで結構高い。
しかも、普通はパソコンとのメ-ルのやりとりが出来ないとかいう。それが出来る携帯を聞いても、は?と言われる。旦那にも携帯からパソコンにメ-ルする人なんかいない、みんな携帯に送るといわれ、なんでだあ-と憤慨したが、考えてみれば、スペイン人が携帯でメ-ルしているのはあまりお目にかからない。メ-ルよりしゃべりたいのだろう。
そして、やっとカメラ付き、ビデオ付き、Eメ-ル付き、の携帯を買った。
しかし、お気に入りの日本から持ってきた携帯ストラップを付ける穴はなかった..
[PR]
by robatti | 2006-08-09 17:44

スペイン生活日記-BGM

スペインでは音楽をガンガンで鳴らして聞いている家が多い。特にここら辺は海辺なのでリゾ-ト感覚になっているのかもしれない。しかもそんなに何回も飽きるっちゅうねん、てくらい同じ曲を聞く。テクノからフラメンコ、サルサなど、とにかく濃いい。
今日もフラメンコが聞こえてきたが、なんだか良い感じだったので窓から見ると、道端に若者が何人か座って生でギタ-を弾いている。
日本の夏はセミの鳴声と風鈴、しかし窓から海の風とフラメンコギタ-のBGMが入ってくるってのは、アンダルシアの夏らしいと感じた。
[PR]
by robatti | 2006-08-02 19:43

スペイン日記2-オーブン

友人が魚焼き器がスペインでは重宝していると言っていた。スペインはおっきな鶏の丸焼きなんか焼くようなオーブンがコンロの下なんかに埋め込まれているが、日本では魚焼きグリルが埋め込まれていることが多い。肉食、魚食の違いかなあ、と思う。
[PR]
by robatti | 2006-03-29 17:38

スペイン日記2-高級食材

いまやスペインの田舎のスーパーでも醤油は売られている。小さいビンだが、キッコーマンである。大きいスーパーなら「手づくりスシセット」やら箱に入った賞味期限が一年のような豆腐なども売っている。
この前、高級食材店のショーウィンドウにウニの缶詰やらフォアグラに混ざってキッコーマンのビンボトル、でも10倍くらいのデカいのが飾られていた。売っているのか飾りなのかわからないが、誰も買わない事はまちがいない。
よくワイン店やスーパーのワインコーナーに、高級ワインのバカでかいボトルが飾ってあったりするが、あんなおしゃれな目で醤油が見られているのならうれしい。
[PR]
by robatti | 2006-02-27 16:37

スペイン日記2-アンダルシア語

アンダルシアの言葉はムズかしい。早口でとにかくなんでも省略してしまう。
例えば、「パラ アデランテ」『前に』は「パランテ」となる。(「キムタク」みたいな感じ?)
道で、おじさんどうしが出会った時、「よう」「ヨウ」と手を振っていたので、日本語みたいだ、と思っていたら、「チキージョ」(普通なら「guapo」、なんだろう、『よう、色男』みたいな感じだろうか?よびかけ)の最後の「ョ」だった。
私にもいつかペラペラにしゃべれる時が来るのだろうか...
[PR]
by robatti | 2006-02-27 16:16

スペイン日記2-家電

日本人はやっぱり白ごはん、炊飯器は日本から持っていく。売ってないと思ってたし。でも、あれだけ皆中国製の炊飯器を探しているはずなのに、アンダルシアの日本料理店もない所で普通にスペイン製の炊飯器が売られている。誰が買うのだろう。
他にもいろんな物があった。ホットドッグ(スペイン語では熱い犬と直訳していうので「熱い犬食べる?」とか言う)製造機、ソーセージが何本かいっぺんにあたためれる筒とその横にパンを刺してソーセージの穴を作る棒がついている、というなんだかくだらないマシーン。
それからチョコレート製造機、スペイン人にもよくわかっていないようだが、チョコレートを溶かす機械と思われる。
オレンジ自動絞り機なんかは、あの山の部分が自動で回る。実際自動で回ってくれなくてもちょっと自分でグリグリすればいいだけなんだけど、多分買ってしまうと思う。
昔、たしかロシア人が「スパゲティ食べる時、フォークが自動で回ったらソースが飛ばないし便利じゃん?」と言っていたのを思い出す、そんな感じで作られたようなマシーン達。
[PR]
by robatti | 2006-02-24 15:22