<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スペイン日記2-高級食材

いまやスペインの田舎のスーパーでも醤油は売られている。小さいビンだが、キッコーマンである。大きいスーパーなら「手づくりスシセット」やら箱に入った賞味期限が一年のような豆腐なども売っている。
この前、高級食材店のショーウィンドウにウニの缶詰やらフォアグラに混ざってキッコーマンのビンボトル、でも10倍くらいのデカいのが飾られていた。売っているのか飾りなのかわからないが、誰も買わない事はまちがいない。
よくワイン店やスーパーのワインコーナーに、高級ワインのバカでかいボトルが飾ってあったりするが、あんなおしゃれな目で醤油が見られているのならうれしい。
[PR]
by robatti | 2006-02-27 16:37

スペイン日記2-アンダルシア語

アンダルシアの言葉はムズかしい。早口でとにかくなんでも省略してしまう。
例えば、「パラ アデランテ」『前に』は「パランテ」となる。(「キムタク」みたいな感じ?)
道で、おじさんどうしが出会った時、「よう」「ヨウ」と手を振っていたので、日本語みたいだ、と思っていたら、「チキージョ」(普通なら「guapo」、なんだろう、『よう、色男』みたいな感じだろうか?よびかけ)の最後の「ョ」だった。
私にもいつかペラペラにしゃべれる時が来るのだろうか...
[PR]
by robatti | 2006-02-27 16:16

スペイン日記2-家電

日本人はやっぱり白ごはん、炊飯器は日本から持っていく。売ってないと思ってたし。でも、あれだけ皆中国製の炊飯器を探しているはずなのに、アンダルシアの日本料理店もない所で普通にスペイン製の炊飯器が売られている。誰が買うのだろう。
他にもいろんな物があった。ホットドッグ(スペイン語では熱い犬と直訳していうので「熱い犬食べる?」とか言う)製造機、ソーセージが何本かいっぺんにあたためれる筒とその横にパンを刺してソーセージの穴を作る棒がついている、というなんだかくだらないマシーン。
それからチョコレート製造機、スペイン人にもよくわかっていないようだが、チョコレートを溶かす機械と思われる。
オレンジ自動絞り機なんかは、あの山の部分が自動で回る。実際自動で回ってくれなくてもちょっと自分でグリグリすればいいだけなんだけど、多分買ってしまうと思う。
昔、たしかロシア人が「スパゲティ食べる時、フォークが自動で回ったらソースが飛ばないし便利じゃん?」と言っていたのを思い出す、そんな感じで作られたようなマシーン達。
[PR]
by robatti | 2006-02-24 15:22

スペイン日記2-ウニ

スペインのカディスという所では、「ウニ祭」がある。私は行けなかったのだが、ウニがタダで配られるらしい。かなりの人で手に入れるのは苦難のようだが。おととしダリの家の近くに行った時、海の中にウニを見つけた。普通にウニがあるかも!と思い、海へウニ狩りに行くが見つからず、でも友人に食べれないウニもあるよ〜と聞き、おととし取って食べなくてよかった。よく調べていつかウニ食べてやろう。
[PR]
by robatti | 2006-02-21 17:42

スペイン日記2-家

スペインの家は売られる時に何も付いていないことがあるようだ。トイレットペーパーのホルダーやタオルかけ、換気扇、もしかしたら照明機具なんかも。でも、もし新築でなくて付いていても、自分の好きな物に取り替えたりするようだ。日本では多分もともと付いてるものを替えたりする人はあまりいないんじゃないかと思う。できないと思ってるし、特に好きなのに替えようと思い浮かばないと思う。例えばトイレットホルダーならカバーをしたりとか他の方法で好みに替える。スペインの家に対する情熱には感心するが、改造の途中で飽きて中途半端になっている家もあるようだ...
[PR]
by robatti | 2006-02-21 17:30

スペイン日記2-ベッド

スペインにはオシャレな家具がいっぱい、でも高い。移住の為、ベッドを買おうと値段を聞くとそこそこの値段、買おうかなーと思うと、でも実はそれはカベセロという、「ベッドの頭の板の部分」のみだった。え〜ベッドはいくらですかって聞いてるのに、それだけではベッドじゃないじゃないですか...その他にスプリングとマットレスを買わなければならない。しかもスプリングは物凄くシンプルで病院のベッドみたいな物(でもベッドカバーで隠れるので見えない)。ということで、普通の形の、ちゃんとベッド枠の付いたものを探す。が、聞くと枠の中にスプリングがないので買わなければならない...なんの為の枠なのか。実はカベセロとスプリングの場合、カベセロを壁に立て掛け、シンプルなただのスプリングベッドとマットではさんでいるだけで固定されていないという構造らしい。枠があるとオシャレだし、はさまなくていい。「見えるとこだけオシャレに、後はおかまいなし」ってどやねん、と思うが。まあ、スペイン人の家をオシャレにしたい度は高そうだから、でもお金はない、だから見えるとこだけっていうことなのかもしれない。
[PR]
by robatti | 2006-02-21 16:58