<   2006年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

大晦日

大晦日の夕食(といっても10時すぎ)も沢山食べた。クリスマスとにたようなもんだけど、海老のピルピルという海老をオリーブオイルで煮た(?)スペインのタパスと、メインは白身魚のグリーンソース(パセリのソース)。そしてお菓子へと..
スペインでは12時前からカウントダウンし、12回鐘がなるのに合わせて願い事をしてブドウを食べる。留学していた時はよくわからず、始まりに予告が何回か早く鐘がなるのだが、それから食べはじめてしまい失敗した。義母も毎回間違えるらしい。まぎらわしい。
今回はこれ用に12粒の皮と種なしブドウが缶入りで売ってるやつを食べたが、結構早く鐘がなるので口いっぱいにモグモグさせながら新年の挨拶をした。c0040487_20192854.jpgc0040487_2019116.jpg
[PR]
by robatti | 2006-12-31 20:19 | お祭り

チーズクリームパン

c0040487_2291978.jpgレシピ:7cmくらいのマフィン型12個分
強力粉-230g
卵-1個
生クリーム-20g
牛乳-20g
ぬるま湯-120g
はちみつ-40g
バター-20g
塩-少々
生イースト-10g
クリームチーズ200g
砂糖-80g
レモン汁-10ml
バターを室温で柔らかく、卵と生クリームと牛乳、クリームチーズを室温に戻しておく。
ぬるま湯とイーストをボールにいれ少しまぜ、卵、生クリーム、牛乳、はちみつを入れ、強力粉と塩も入れてこねる。混ざったらバターを入れ、20分ほど捏ねる。
引っ張って切れなくなったら40度くらいのところで一次発酵40分。
二倍くらいに膨らんだら、フィンガーテスト。指に油をつけてさしこみ、穴がもどらなかったらよし。
12個に分けて丸め、ベンチタイム。ラップをかけて15分置く。
クリームチーズ、砂糖、レモン汁を混ぜておく。型にバターなどをぬり、小麦粉をはたいておく。
直径10cmくらいに伸ばし、型にひだをよせて入れ、クリームを流し込む。
40度のところで40分2次発酵。
膨らんだら170度のオーブンで15分焼き、できあがり。
[PR]
by robatti | 2006-12-29 21:29 | レシピ

クリスマス

c0040487_2139318.jpgスペインのクリスマスは家族で食べて飲んでって感じだけど、食う量が半端ではない。
と覚悟していたからか、思ったほどでもなかった。が、お菓子!お菓子食べ過ぎやろ!イヤ、その前に買いすぎ。スーパーの3分の1がお菓子売り場に変わっているような勢いだ。
ダンナの実家でもお皿にモリモリのチョコやマジパン、それにトゥロンというクリスマスの、元はアーモンドの甘ーいお菓子を7.8箱、その他もろもろ。
そしてここではあのチェリーや果物の砂糖漬け、しかも真っ赤や緑の、もはや日本では子供さえ食べないだろうと思われる、あの食べ物が結構好んで食べられている。昔、ホームステイしていた時に、「好意」であのチェリーを沢山取り分けてくれて困った事がある。
さて、クリスマスイブのメニューだが、ほとんどダンナが作り後はみんな手伝い。特に美味しかったのはムール貝の詰め物のフライ、好評なので毎年恒例らしい。後は数種類のカナッペ、海老の天ぷら、チョリソ、生ハム、チーズ、海老の茹でたの、オリーブ、そしてポテチ(食事にポテチってものすごくジャンキーだけど普通に出る)など。それらをたらふく食べてから、メイン。タラのトマトソースパン粉焼きとでもいうのだろうか。
そしてデザートは私がつくったヨーグルトチーズケーキ。
その後はめいめいお菓子をつまみ、アニス酒やコニャックを飲む。
クリスマスの昼食にはイブの残りと海老の鉄板焼き、それに鶏の煮込みとそら豆と海老とハムの炒め物。そしてお菓子と続く..
[PR]
by robatti | 2006-12-28 21:33 | お祭り

お菓子のおうち

c0040487_20521762.jpgクリスマス用にへクセン・ハウスを作ってみた。普通の味とココア、抹茶味の三色でできている。クッキーなので簡単だと思っていたら、結構たいへんで、時間がかかった。
粉砂糖がないのでグラニュー糖をスティックミキサーで粉々にするのだが、十分ではないらしく、接着剤がわりのアイシングが固まりにくい。
それでもなんとか引っ付いて、形になった。
[PR]
by robatti | 2006-12-26 20:52 | 料理

メディナ・シドニア

c0040487_20222982.jpgここから一時間かからないくらいのところにメディナという小さいけどきれいな町があるというので行ってみた。
ずっと登ると城跡(岩一つ分しか残っていない)があり、眺めがよくてお弁当とか食べたくなった。
昼が近づくにつれてクリスマスのお祭りが始まり、スペインではべレンといってキリストが生まれる時の村の様子を模型にしたものを飾るのだが、広場には全部等身大のそれが作られていて人々も昔の衣装など着て扮していた。
c0040487_20225425.jpgその中にはロバもたくさんいて、それがまた全部ミニロバ!ミニロバの子ロバ達はまた冬毛でふわふわでかわいくて皆触りまくっていた。
ここは甘いものが有名で、お菓子を買ってかえろうと思っていたが、カフェでお茶をしたらスペインのケーキらしからぬ、美味しくてデザインもなかなかかわいい。しかもケーキ3つとカフェオレ2つで5ユーロって、一つ¥150くらい。
また来年のクリスマス時期に来たいな-
[PR]
by robatti | 2006-12-26 20:23 | お祭り

バターマッシュルーム

c0040487_1930725.jpgイギリス人シェフ、ジェイミー・オリバーの作っていたジャンボマッシュルームにニンニクとチリとドライトマトとタイムを混ぜたバターをのせてオーブンで焼くというのがすごく美味しそうだったので、このジャイアントマッシュルームで作ってみた。本当はそれをサンドイッチにしていたけど、あまりにマッシュルームが大きい(それだけでちょうどハンバーガーみたいになっている)ので、マッシュルームオンリーにする。
ドライトマトというのを初めて食べたけど、濃厚でうまみが凝縮された感じ。
全部が総合するとなんだか今まで食べたことない味でおいしくて、クセになる。
一人一個だったけど、おなかいっぱい。
[PR]
by robatti | 2006-12-22 19:30 | 料理

ジャンボマッシュルーム

c0040487_1931458.jpg青空市場でものすごく大きいマッシュルームが売られていた。1kg5ユーロだというので、500g買おうとしたら3つくらいしかなかったので、1kg買った。それでも7個くらい。
一番大きいのは手のひらより大きいくらいで、ずっしりと重い。
わかりやすいかと思って、マッチを置いて写真をとったがあんまり意味ないかな。
[PR]
by robatti | 2006-12-22 19:03 | 食べ物

居住許可証

昨日やっと居住許可証がもらえた。だいたい3ヶ月くらいでもらえるらしいと聞いていたが、夏のバケーションシーズンもはさみ、8ヶ月程かかった!ああ、スペイン。この国では3ヶ月と聞いても期待してはいけない。
ついでに運転免許の切り替えにも行ったが、小さい町なのでここではできず、県まで送らなければならないので、多分すごーく時間がかかるんだろうなあ。
[PR]
by robatti | 2006-12-20 19:26 | 日常

タパス

c0040487_20285867.jpg
テレビでデビルドエッグを作っているのを見て、無性に食べたくてこの週末に作った。

ウエボ・レジェノのレシピ(私風):2人分
ゆで卵-2個
カニかま-一本
マヨネーズ-適量
赤ピーマンのマリネ-適量
キャビア-適量
*ソース
マヨネーズ-おおさじ3
ケチャップ-おおさじ2
パプリカ粉末-少々

ゆで卵を作り、皮を剥いて縦半分に切る。黄身を取り出して微塵切りにしたカニかまと一緒にマヨネーズであえる。それを卵の白身の穴にこんもりと詰める。
赤ピーマンのマリネを短冊状に切って卵の上に、その上にはキャビアをのせる。
皿にマヨネーズとケチャップを混ぜて作ったソースを敷き、パプリカ粉末を振る。その上に卵を置き、出来上がり。

これが、うんまーい!すごく簡単だけど、見た目もかわいい。
スペインではマヨネーズとケチャップを混ぜたソースがよく使われるが、色もきれいでおいしい。
今回、他にはスモークサーモンとブルーチーズと赤ピーマンのマリネのカナッペ、カニかまとアンチョビのカナッペなど。
[PR]
by robatti | 2006-12-18 20:29 | レシピ

スモークサーモンのクリームスパ

スモークサーモンがいっぱいあったので、スパゲティに。
クリーム系のスパゲティってあまり食べないけど、すご-くおいしかった。c0040487_1911266.jpg

2人分:
スパゲティ-160g
スモークサーモン-100g程
生クリーム-100ml
牛乳-40ml
トマト-1個
塩-少々
ケーパー-少々
バジル-少々

作り方:
スパゲティを茹でる。
トマトを小さく切って、オリーブオイルを少しひいたフライパンで少し炒める。生クリームと牛乳を入れて塩で味をつけケーパーを入れ、少し煮る。
そこへサーモンを入れ、次に茹でたスパゲティを入れ、ソースとからめる。
バジルをのせて出来上がり。
[PR]
by robatti | 2006-12-14 19:11 | レシピ