<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

セビージャの日本食

c0040487_3511523.jpgセビージャに行ったので前に行って安くておいしかった日本食レストランへ。ここは中国人経営だけど、結構おいしい。昼のなんか激安で寿司のランチが食べれる。
もちろん寿司ランチ、そして前にも食べておいしかった餃子。そしてやきとり。でも餃子は変わっていた。おもいっきりラビオリの形に水餃子に焼き目がほんのり。冷凍の水餃子ですか?って感じ。前はおいしかったのに。やきとりはちょっと肉がこりこりしてた。
そして、夜ご飯もここで食べた。昼からずーとここに居たわけじゃないけど。他にいいところもなかったし、カツ丼に惹かれてこの日二度目の来店。最近本当に日本食づいている。でも、食べれるときに食べておかないとね。
カツ丼、天ぷらを頼む。カツ丼はもうちょっと甘いほうがいいかなと思ったが、まあ肉も「スジばっかり」とかじゃなかったし、おいしかったと思う。天ぷら、これはかなり美味。日本の天ぷら屋くらいかも。さくっとしてたし。これで8.90ユーロ。
また今度行ったら、天ぷらと寿司食べよう。
[PR]
by robatti | 2008-01-19 03:13 | 食べ物

うに祭り再び

c0040487_4595093.jpg去年も行ったうに祭り。今回はなぜかあんまり人がいなかったので一番だった。うに人気ないのか?
でも今年はなにも考えないで行ったので、スプーンも忘れ、すごく食べづらかった。そのせいか、その前にうまいウニを食べたからか、去年のウニの方がおいしかった気がする。
その後牡蠣の方に行ってみたが、ものすごい行列と人人で諦めた。そしたらダンナの同僚に会ったのだが、「牡蠣もウニも気持ち悪いから食べてない」と言う。車で1時間ほどかかる所にしかも赤ちゃん連れで、ただ人ごみにまみれて地元のおっさんコーラスを見たりするためだけにですか!恐るべし。
c0040487_542654.jpg昼ごはん。とりあえずどこも満員。去年食べたところに行ってみたが、「こっちが先なんだけど!」とかケンカしなくてはいけないので、面倒くさく、誰も入っていなかった日本料理(新しくできた。オーナーはスペイン人。他にイタリアンなどもあるチェーン)に入る。オシャレな感じ。寿司職人はスペイン人、その他は中国人。メニューは少なく、寿司・鉄板焼き(なんかスペインでは日本料理=鉄板焼きになっている)・中華。
後ろには鉄板があって、コショウなんか投げたりなんかしちゃいながらチャーハンを作っていた。
とりあえずマグロとうなぎの寿司、海老の天ぷら、餃子を頼む。マグロはうすーい。そして半分茶色。ご飯所々かぴかぴ。うなぎは皮が噛み切れず。真ん中にのりで巻いてあるがなぜかキツキツで雪だるまのようだった。天ぷらは結構いけた。たれがなぜかワインソースで味がなく、醤油で食べた。餃子、これはすごくおいしかった。
次に前にも行ったフランス菓子屋へ。前はそんなにおいしくないなーと思ったが、あとでたしかコルネがおいしいと人が言っていたので、試そうと。これが美味しかった。クリームが特に。
ダンナはティラミスを。私ならフランス菓子屋でイタリア菓子頼むなんて冒険はしない。案の定、3分の1しかスポンジが入ってなくて後は全部クリーム。ティラミスのクリームってマスカルポーネと生クリームと玉子とかだけど、これは生クリームののようなメレンゲのような。っていうか、マシュマロか?って感じの。かなりスペイン風。あるいはフランスのティラミスはこんなのか?
そしてクロワッサンを持ち帰り。でかい、うまい、ふんわり、だった。
[PR]
by robatti | 2008-01-13 03:54 | お祭り

日本食

c0040487_22361861.jpgここらは都会じゃないが、実はちょっと行った所に日本料理屋がある。珍しく中国人経営ではなく、ゴルフ場つきのホテルの中にあって高級そうなので今まで行ったことがなかったが今回行ってみた。前は日本人板前がいたらしいが今はどうだろう。
中にはすし屋のガラスケースなどがあって、禅c0040487_22392629.jpg庭みたいなのも見えるようになっている。
寿司単品と天ぷら盛り合わせを頼む。突き出しは一口照り焼きチキンとなんかわからない一口ポタージュみたいな物。上品でうまい。
トロは結構安いが味はまあまあ。うには一個6ユーロ。モリモリ乗っていて激ウマだった。東京から仕入れているとか。うなぎは前に行ったファッション寿司のほうがおいしかったかも。
天ぷらは揚げたてだしやっぱり美味しかった。海老4本と野菜とご飯で15ユーロ。安い。普通にランチで食べたいくらいだ。ご飯はべちゃっとしてたけど。
でも、こんなヨーロッパの最後みたいな田舎で結構ちゃんとした日本料理が食べれるのはほんとラッキーだと思う。
[PR]
by robatti | 2008-01-11 21:58 | 食べ物

レイェス・マゴス

c0040487_2315757.jpg
スペインでは1月5日の夜に三人の王様がらくだに乗ってやってきて子供たちにプレゼントをくれる。クリスマスみたいだ。
そして6日にロスコンというベーグルのでっかい版のようなパンに生クリームがはさんでであるものを食べる。ちなみにこのパンはスーパーによく売っているホットドッグ用のパンみたいである。そして普通は上にチェリーの砂糖漬けやら緑のなにかの砂糖漬けやら乗っている。c0040487_2354465.jpgc0040487_2365064.jpgいかにもまずそうなのだが、今回7人で食べてこの部分がほしいという人が何人かいたし、これらが乗っているケーキをかなりの頻度で見かけるのを考えると、私には全くもって理解できないけれどスペインでは意外にこの部分が取り合いになってたりするのかもしれないと想像する。
それからこのパンにはなんらかの小さい人形が入っていて、それに当たった人はこの年幸運なのらしい。今年はダンナに当たった。大体の人形は王様(写真左参照)なのだがだが、彼の当たったやつはなんだかよくわからない、丸い生き物(写真右参照。ヒヨコか?)だった。
もう一つ、空豆も入っていてそれに当たった人はご飯をおごらないといけないらしいのだが、なぜか去年も今年も入っていなかった。
[PR]
by robatti | 2008-01-06 22:21 | お祭り

フェリス・アニョ・ヌエボ

A HAPPY NEW YEAR
c0040487_21441921.jpgクリスマスは意外にも食べ過ぎず、でも大晦日は食べ過ぎてグッタリ。
そんな二回目のスペインの飲み食い年越しを終え、2008年が始まる。なんかコニャックで〆るのが習慣になってしまった。おっさんのようだ。でもアニス酒きらいなのでコニャックしかないのだ。
そして年明け早々、夜も空けていないのにトンカチで叩いている人がいて目が覚める。まさかわら人形じゃあるまいし。朝まで待てんのか、コラ。初ツッコミ。
それから友人からのメール。2001.1.1となっている。あーもう2001年かあーと一瞬シミジミしてしまった。
2008年いい年になりますように。
[PR]
by robatti | 2008-01-03 22:39 | 日常