ザ・メレンゲ

ダンナの実家でケーキを食べた。見た目はまあ普通。おいしくはないだろうが、まずくもなさそうな、メレンゲにチョコがかかっているモンブランのような形をしたアルミのカップに入ったやつ。
こちらのケーキには生クリームのようにメレンゲが使われていることが多い。私は今までメレンゲとか食べるもんじゃないやろ、と思っていたが、日本でも結構使われたりするのだろうか・・・
最初「うーん、まあメレンゲやな。上のチョコがパリパリしてるし食べれそう。ちょっと甘いけど、下にスポンジでも入っているだろうから中和されるかな」などと思いつつ食べていたのだが、考えは甘かった。どこまでいってもスポンジなど見当たらず、永遠にメレンゲ。義父が「あっ、ロバッティが食べてるやつはうまいに違いないぞ。どうよ、うまい?」とか言うが無言で食べ続ける。まずくはないが、さしておいしくないすごく甘い物(しかも卵白と砂糖のみ。他のケーキに使って残った卵白に違いない)を食べて太るのかと思ったら、ちょっと悲しくなった。
結局底にもビスケットすら敷かれておらず、オール・メレンゲ。これ、ケーキちゃうやろ。
メレンゲのみっておいっ!って突っ込むスペイン人はおらんのか。恐るべしスペイン菓子。またしてもだまされた。しかし、そのメレンゲオンリーで売ってしまう気楽さに脱帽。
[PR]
# by robatti | 2007-09-17 20:03 | 食べ物

ツナのパテ

ここのところ朝のパンは家で焼いている。でも朝から焼けないので夜に焼き、晩ご飯に焼きたてのパンにパテを塗って食べている。いつもはアヒルのパテを買っているのだが、今回買い忘れてなかった。だからあるもので手作りパテ。

レシピ:
ツナ缶-1
クリームチーズ-100g
アンチョビ-3匹ほど
玉ねぎみじんぎり-大3

これをフードプロセッサーでグルグルまわすだけ。クリームチーズがパンに塗る用だったのでパテというにはちょっとゆるくてディップのようだったけど、味は美味しかった。
野菜に付けたり、ポテトにかけてもおいしいかもしれない。
[PR]
# by robatti | 2007-09-04 18:25 | レシピ

セビージャ

セビージャに行ってきた。とりあえずいつものパターン、イケアへ行って次の日はセビージャ市内へ。セビージャはいつもここよりもものすごい暑いらしいので気合を入れて行ったが、なぜか今回はここより涼しかった。
買い物して、最後に中華食材の店でなにか買って帰ろうと思ったら、8月いっぱい休みって張り紙が。日曜に営業してるのは中華系の店だけっていう中で、バケーションをとるとは思ってもいなかったのでガックリ。支店は開いていたが、ぎりぎりだったので目の前にある美味しいピンチョスの店でご飯を食べるか、遠くの支店まで急いで行くか迷い、ピンチョスを取る。が、ほとんど残っておらず、結局他の店へ。そしてズボンのボタンをどこかでなくし、口紅も置き忘れてきたようだった。ちょっとツイテナイ日。
ところで今、スペインはバーゲン中。7月からだけど、だんだん安くなる。もちろん残りは少なくなっていくが、いつも割引率には度肝をぬかれる。例えば35ユーロのMANGOのパンツが4.99ユーロとか。なんじゃそりゃ。全然かわいいパンツだったのでもちろん買う。
そして前に3x1っていう、3つ選んでその中の一番高い一つ分の料金を払うっていうのがあったと聞いてビックリしたが(よく2x1とか3x2ってのがあるが)、5x1っていう看板まで見た。つまり5つ選んで一つ分払う。5つもいらんちゅうねん。
恐るべし買い物天国スペイン。
[PR]
# by robatti | 2007-08-13 17:49 | 旅行

保険証

結婚して1年ちょっと、やっと保険証を手に入れることができた。
滞在許可証をもらってからじゃないともらえないっていわれたけど、友人はそれなしに申請した日にもらったと言っていた。もう本当に意味がわからない。スペイン特有の、場所によって、人によって言う事が違うってやつだ。ときには同じ人なのに、日によって言う事が違うのだ。どうにかしてほしい。
病院で毎回違う事を、しかもものすごくややこしいことを言われるので、知り合いの神父さんのコネで頼んだらたしかに病院に何度も行かなくてすんだが、今までかかったのだ。もうちゃんと手続きできていないのかと思って、病院へ行こうと思っていたところにカードが来た。
まあ、このバケーションシーズンに送ってくれるなんてすごいことなのかもしれないので、よしとしよう。
これでやっと全部の手続きが終わった。
[PR]
# by robatti | 2007-08-10 19:35 | 日常

豆腐作り

c0040487_2061192.jpgついに豆腐作りに挑戦した。
前日の夜に水に漬けておいて、翌朝戻った大豆をミキサーにかける。その大豆と水を火にかけ、布でこす。布に残ったのがおから。絞って出たのが豆乳。これを絞るのがかなり重労働。そして熱い。その豆乳を再び温めて、にがりを入れる。そしたら水と豆腐に分離してくるので型に入れる。重しをして水をきったら豆腐になっている。
書くと簡単なようだが、実際、重労働c0040487_2071189.jpgそして難しい。というわけで、失敗。だから余計に疲労感。
なんで失敗したのかはわからないが、うまく固まらず、ちょっとチーズのような感じ。温度計なんかも持ってないので適当にしたのが悪かったのか。まあ、味は豆腐なんだけど。
そして、おから。なんか豆腐より多い。卯の花の炒め煮にしてみた。これはかなりおいしかった!それだけが救い。もうおからのために豆腐作ったようなものだ。っていうか、この豆腐もちょっとおからみたいだけど。
この先、豆腐をまた手作りするかって聞かれると、うーん・・・おからのためなら作ってもいいかな・・・って感じ。ほんと疲れた。でも絹ごし豆腐みたいなのって手作りできないみたいだし、それならおからを作って出たその豆乳にゼラチン混ぜて冷奴にしたらいいんじゃないか。かなり考えは曲がってるが。
[PR]
# by robatti | 2007-08-02 19:34 | 料理

おいしいけど、でかいって。

c0040487_19353513.jpg
また前に行った所の、おいしいピンチョスを食べた。今回はちょっと変わってて美味しいのがあった。普通はフランスパンの上に具がのっているのだが、クロワッサンを半分に切った上に具がのっていた。いろいろ考えるねえーこの発想はあんまりスペインにないような気がするからちょっと感心した。
c0040487_1936810.jpgそしてその後のおやつなんだが、もうこの前のでっかいアイス盛りは絶対やめとこうと誓い、ケーキを探す。そしたらそのピンチョス屋さんの横に新しいカフェが出来ていて、ケーキらしきものも見える。なかに入ってみると、結構凝っていておいしそうな感じ。
アイスカフェオレ(っていっても、いつもの通り熱いカフェオレと氷の入ったグラスなんだけど)と私はなんとかっていう、チョコケーキを頼む。が、頼んでビックリ、15cmはある。いや、20cmか。これでまずかったら許さん!と思いつつ、とりあえずカフェオレを飲むとすごくおいしい。ナプキンには「フロム・イタリア」と書いてある。さすがイタリア。ケーキへの期待も高まる。そしてケーキ。チョコスポンジ(パサパサじゃなかった!)の上にプリンがのっていて、まわりにはメレンゲ。そして生クリームとカラメルの飾りつけ。内容を書くとすごいんだけど、すごくうまい。もう一つのコンデンスミルクのムース(甘かったけど)もおいしかったし。まあ日本のケーキのような繊細さはないが、十分がんばっている。
ただし、ものすごくでかいので、お腹パンパン。二人で一つで十分だね。
今度もまたここで食べようと思っていると、カウンターでクレープを焼いていたねえちゃんがクレープの種をにおい、同僚にもにおわすが、同僚は「ウッ!」っと顔をしかめている。きっと腐っているに違いない。作っていたクレープもゴミ箱へ。恐ろしい・・・焼いていて臭うくらいなのだからかなりの腐りようだ。前の客は半腐りを食べてしまったかもしれない。
今回、ケーキもコーヒーもすごくおいしかったが、最初に腐ってないか調べてから食べようと心に誓う。
[PR]
# by robatti | 2007-07-28 18:59 | 食べ物

ピーマンとチリ

c0040487_20323326.jpg食べた後の種栽培のピーマンが大きくなった。この苗はしぶとくて、去年小さい鉢に種をまきすぎてギッシリすぎて花は咲いても実はならなかったのだが、その後間引きしたら今年も花をつけて、実がなった。
焼いて食べたら、甘くておいしかった。
そしてチリ。これは種を買ってきたやつだが、料理に薄く輪切りにした一つをおそるおそる入れただけで火をふいた。なんでだ、あまりに辛すぎる。超激辛の品種か?・・・
[PR]
# by robatti | 2007-07-27 20:14 | ガーデニング

うどん

すき焼き。最近すごく暑いけど(卵も生では食べれないので、ポーチドエッグにしなければならないが)薄切りにしようと冷凍していた牛肉があるので、すき焼きを食べなければならない。
肉を切り、用意しはじめて、うどんがないことに気づく。普通はどうなのか知らないが、私はすき焼きはうどんと肉がメインだと思っている。だからうどんを打つことに。いつか日本人会でうどん打ち人にうどんの打ち方を教えてもらおうと思っていたが、間に合わず。自信はないがしょうがない。すき焼きの為にうどんを打つ。すごく無駄な贅沢さだが、すき焼きならうまくいかなくても誤魔化せそうだし。
コネはホームベーカリーで。ほんと、この機械大活躍。多分うちの機械の中で2番目に活躍してるんじゃないだろうか。
そして出来上がったうどん。味はまあまあ。っていうか、太すぎた。切った時も手を抜いたので太かったが、ゆでるともっとふくらんだ。ちょっとすいとんのような感じ。
おいしいうどんまでの道のりはまだまだありそうだ。
[PR]
# by robatti | 2007-07-23 19:22 | 料理

フェリア

c0040487_19213941.jpgなんだか夜遅く出かけるのが面倒くさくてのびのびにしていたが、羊肉にスパイスが効いている焼き鳥みたいなピンチョスとチュロスを食べに出かけた。
私は羊肉はほとんど食べないが、ここのフェリアに出るところのだけはおいしいので食べる。焼き鳥より少し大きくて、モロッコ風のスパイスが効いていて臭くはない。でも、ここ以外のところでも食べたがおいしくなかった。
それから出店なんかを見て周り、〆はチュロス。スペインといえばチュロスだが、実はこの辺ではチュロスは見かけてもチュロスにつけて食べるドロドロのチョコレートドリンクを見つけるのはかなり難しい。バルセロナでは結構見かけて、しかもチョコを溶かしただけのようにドロドロでドリンクとはいえないものだったが、ここらでは奇跡的にあってもシャブシャブでさっぱりしている。だからフェリアにでも行かないと食べれないのだ。夜中にみんな油で揚げたチュロスをチョコに浸して食べるのだ!いや、でもチュロスといっても2種類あって、日本で言う星型のはパピータで、もう一つルエダというパスパスの中身の詰まっていない挙げパンの爆発した皮だけ、みたいなのがある。初めて食べたときはほんとに皮だけ食べてるみたいでおいしくないと思ったが、実はそっちを食べている人のほうが多い。そしてそれを砂糖につけて食べたり、カフェオレにつけて食べている。実際カフェオレやシャブシャブのチョコレートドリンクに浸して食べるなら、こっちのパスパスの方がしゅみやすくておいしいかもしれない。
11時半ごろ出かけ、さあ帰ろうと時計を見たら2時半すぎている。ビックリ。最近は夜遅く出かけることってあんまりないので、夜中の2時と聞いたら急に眠くなった。そしてそれよりなにより、夜中の2時に揚げ菓子と甘ったるいチョコドリンクを食べてしまったことがおそろしくなる。いやでもそれが本来の目的だったんだが。
[PR]
# by robatti | 2007-07-21 18:44 | お祭り

天ざるそば

ああ、暑い。
最近やけに暑い。グッタリ。ここはそんなに暑くならないはずなのに。扇風機買ってよかった。でも扇風機っていうか、長細い送風の装置なんだけど(普通のも売っている)、こっちの生活に果たして合っているのか疑問。日本みたいに畳の上に座ったり、布団で寝るには下まで風がくるからまさにほしい所に風が行くんだろうが、ソファに座ってたり、ベッドが高かったりすると、下に風は行くが上には行かないのだ。だから寝るときはゴミ箱の上に載せてっていう、不自然な方法でわざわざ昔からの扇風機の形にもどして使っている。
話がそれた。ところで昨日の残りというのもあるが、こんな暑い日には天ざるそば。ちなみにこの抹茶そばは2006年に賞味期限が切れているが、でもそういったことは日常茶飯事だ。
しかし夏日にざるそば食べるため、天ぷら揚げ直すのに汗だくになるという悪循環。なんかすごく何かをきわめている人みたいで、なんかカッコいい。
つゆに大根おろしとネギ、そしてわさび。このわさびがまた夏のざるそば風味を増している。そこに生のウズラの卵を入れたいところだが、夏はサルモネラが怖いので入れれない。その前にないんだけど。
でも冷たいそばをズルズルとすすったらもう「納涼」って感じ。ただ、ざるそば用のざるとそばちょこがないのが残念。
[PR]
# by robatti | 2007-07-19 19:13 | 料理

天ぷら

c0040487_1748641.jpg大根が結構大きくなってきたので、引っこ抜いてみた。まだ思ったより小さかったがしょうがない。プランターも一杯になってきて狭くなっているし。
この大根をどうするか考え、天ぷらのつゆにおろして入れることにした。普段は抹茶塩で食べるので、この選択になかなか満足した。
そして天ぷら粉を空けてみると、虫がいっぱいいた・・・あの粉類にわくやつが。せっかく日本から持ってきたので、取り除こうとしたが無理。泣く泣く捨てる。一回しか使ってないのに。しかもタッパーに入れて保存していたのに。
でも大根おろし入りの天つゆ、おいしかったー
[PR]
# by robatti | 2007-07-18 17:23 | 料理

枝豆

c0040487_2081380.jpg暑い・・・ここはこんなに暑いものなのか?
枝豆も花が咲くかも!?と思っていたのに枯れてしまってガッカリしていたが、気づいたらなぜか花は咲かずに実がなっていた。ものすごいちっさいが、ちゃんと枝豆の形をしている。感動。なんか例をあげると、パンダの赤ちゃんが「すごいちっさいのに、もう一人前に白と黒に模様が出来てるっ!かわいいぃー!」みたいな感じ。枝豆も毛生えてるし。
食べた後の種栽培のピーマンも、予想外にスクスク育ち立派なピーマンになってきた。
そして茄子だと思っていたのがものすごく生長して、なぜかてっ辺に穂をつけた。なんじゃこりゃ?と思い、母にメールで聞くと「茄子じゃなくてとうもろこしじゃないの?」と言うが、とうもろこしなんか植えていない。それにもしもとうもろこしを植えていてたとして、穂のある苗を見て「ナスだ」と思うほどアホではない。第一苗が紫色をしている。でも調べるとやっぱり茄子には穂はないらしいので多分雑草。引っこ抜く。今まで茄子と思って大切に育ててきたのに。
それからたわわに実ってきた、チリ。友人もやっぱり育てていて、焼いて食べたら「しし唐」のようだったと言っていたので、それにダマされ焼いて食べてみた。しかしかじろうと口に触れた瞬間!ビリビリときて、もうそれ以上食べてみる勇気はなかった・・・たしかにすでに焼いている時からゲホゲホと咳き込んだので、嫌な予感はあったのだが。
もうこんなに沢山の激辛チリをどうしたらいいのかわからない。
[PR]
# by robatti | 2007-07-16 19:39 | ガーデニング

パンナコッタ・チェリーソース

c0040487_20185959.jpgこの前買ったダークチェリーがすごく安くて美味しかったので、別のところでまた買ったら、すごくまずかった。なんでかにがい。
500gもあるのでどうにかせねば、とレシピを探したらパンナコッタのチェリーソースというのがあった。パンナコッタか。一時流行ったが、どんなものかよく知らない。ティラミスほど定着せず、微妙なクレームブリュレぐらいの位置だろうか。そういや、ナタデココはまだあるのかな。
イタリアの牛乳プリン。とにかく、簡単そうなのでパンナコってみた。日本から持ってきたゼリーの型にいれるとすごく懐かしい感じが。
チェリーソースはあんなにまずかったチェリーがおいしくなった。砂糖万歳。
イタリアのドルチェのはずなのに、縁側でそれをつるんと食べたいような「夏だねえ・・」って感じがした。
[PR]
# by robatti | 2007-07-11 20:02 | 料理

断水

この辺はよく停電になったり断水になったりする。もう慣れてしまったが、今回は夜にも水が出なかった。これは結構めずらしい。
そして次の日そのことを忘れていて、洗濯機を回した。水も出てたし。そしたらなんだか茶色い水が出ている。びっくりして一旦止めて、蛇口から出る水を確かめるがかなりのどろ水。一時間ほど待つと水は普通になったので再びまわす。
しかし、またまた茶色い水が出たのか白いタオルが茶色に・・・ううっ・・・他は黒い服洗濯の日だったので茶色にはならなかったが、茶色い水で洗ったことには変わりない。断水の後はちょっと水が茶色かったりするが(いや、普段でもよくなる・・)、ここまで茶色ではない。しょうがないのでもう一度、お湯にして洗濯機を回す。タオルの茶色はあんまり取れなかったが、色物の服が茶色にならなかっただけ御の字としよう・・・
ほんっとに、なんでこんなにいっつも泥水になるねん!っていうか、その前に断水多すぎやろ。
[PR]
# by robatti | 2007-07-05 18:50 | 日常

木イチゴのタルト

c0040487_18392834.jpgお菓子作りも最近していなかったが、この前あまりにもマズイケーキを食べてしまい、おいしいケーキが食べたいようーと木イチゴのタルトを作ってみた。
前にも書いたがフルーツタルトは嫌いだ。甘さを求めてケーキを食べるのであって、フルーティなさわやかさはいらない。でもパリで見た目につられて買ってしまったタルトを食べてから、木イチゴの木イチゴのタルトだけは例外に食べたくなる。その時はあまりの美味しさに友人と次の日その店に戻り、ワンホールまるごと買い占めて2人で食い尽くした。それほど衝撃の美味しさだった。c0040487_18395992.jpg
それからスペイン・アンダルシアに来て、ヨーロッパだし木イチゴなんかも安いかも、と思っていたがほとんど売っていなくてしかも高い。だから苗をもらって植えたりもしたが枯らしてしまい、くじけずにまた買ってきた木もなんとか緑ではあるがほとんど花は枯らしてしまった。
しょうがないので、たまに売っていたら買って冷凍しておいた物で作る。
出来上がりはまさにパリ。あまりのかわいさに有頂天になり、いろんな角度から写真をとりまくった。
味はパリのとまではいかないが、かなりイケてた。タルト生地のうえにアーモンドクリームとカスタードクリーム、そして木イチゴが敷き詰めてある。きっとかなりカロリーは高いだろうが、スペインのケーキよりは断然ヘルシーと思われる。それにおいしくないもので太るよりはおいしいもので太るならそれも本望。
おまけに余った生地で小さいベリータルトも作ってみた。
[PR]
# by robatti | 2007-07-04 17:57 | 料理